男の人

腸閉塞は治せる|キリキリとした痛みに注意

このエントリーをはてなブックマークに追加

第4のがん治療とは

男性

免疫力(防衛力)を高める

外科手術・抗がん剤・放射線という3つの方法を「3大がん治療」と呼ばれています。そして、近年では新しく免疫療法と呼ばれる画期的な治療方法が確立されました。これまでのがん治療が外部からの力を借りた、いわば攻撃的な方法であるのに対し、免疫療法は自分の免疫=身体の中に侵入した異物を追い出すために生まれながらにして誰もが備えている機能を高めるという防衛に重きをおいた治療法です。この免疫療法の最大の利点は治療の効果が長時間持続するということです。特に病気の早い段階で導入するとより一層の高い効果が期待されます。また、抗がん剤治療や放射線治療は場合によっては副作用を伴いますが、免疫療法はそれが少ないと言われています。更に場合によっては3大がん治療と同時に行うことも可能です。

がん治療の未来を担う

免疫療法を選ばれる方の中には、他の治療法を試しても全く効果が見られなかったが、免疫療法を始めた結果、がんがかなり小さくなったという方もいらっしゃいます。そして、余命宣告よりも遥かに長い期間を生きています。特に免疫チェックポイント阻害剤という薬剤の効果は高いといわれています。これは、がん細胞が免疫細胞のブレーキを押すことを阻害する働きがあり、本来の免疫細胞の力を存分に発揮させることで治療する方法です。この薬剤は即効性はないものの、効き始めれば長く効くという特徴があり、薬で完全にがん治療が出来る時代への希望の星でもあります。免疫療法はアメリカでも一定の評価を受けており、その効果が日本以外でも徐々に認められつつあるのです。