男の人

腸閉塞は治せる|キリキリとした痛みに注意

このエントリーをはてなブックマークに追加

質の良い睡眠を得る

医者

無自覚の病気を見つける

質の良い睡眠は質のよい毎日につながります。しっかりと寝ているはずなのに疲れが取れない方は、睡眠時無呼吸症候群を疑ってみましょう。睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に10秒以上呼吸が止まってしまう状態が、1時間に5回以上、もしくは7時間に30回以上ある状態のことを言います。原因の多くは肥満やアルコールの飲用、扁桃の肥大、加齢、鼻づまりなどです。睡眠時無呼吸症候群は睡眠中にとても体にストレスがかかり、運動しながら寝ているようなものと言われています。これにより、高血圧や心疾患を合併する危険があるなど、重大な病気につながることもあります。睡眠時無呼吸症候群は寝ているときの現象のため、多く場合、自分で気づくことができません。寝汗がひどい、起床時に口内が乾燥しているなどの症状がある場合は病院で診てもらうのが良いでしょう。

様々な治療法

睡眠時無呼吸症候群の疑いがある場合は、病院で検査をして治療をしてもらえます。寝ているときの脳波や呼吸運動、動脈血の酸素飽和度、心電図などを記録解析をして、症状を特定します。その後の治療は、個々の症状に応じて様々なものがあります。代表的な治療法としては、ダイエット、扁桃肥大抑制の手術、歯の手術、シーパップと呼ばれる鼻からマスクで空気を流す施術、寝る時にマウスピースを装着するなど、があります。睡眠時無呼吸症候群は生活習慣病と深い関係がある病気です。睡眠時無呼吸症候群を治すことよって、生活を見直すきっかけすることもできます。いびきがうるさい、寝苦しい、疲れがとれないなどの症状がある場合は、睡眠時無呼吸症候群を疑って病院に行ってみることをおすすめします。